あってよかったキッチン用品お役立ち情報

うまいものを、楽に愉しく簡単に! 便利なキッチン用品やツール、話題の商品などを紹介します。

おしゃれで、曲線が美しいマギッソ社製ティーカップ

マギッソ社製ティーカップ
曲線が美しいマギッソ社製ティーカップ
北欧フィンランドのマギッソ社製ティーカップは、
シンプルな曲線が美しい、おしゃれなフォルムで、
和風モダン調ともいえるし、北欧的シンプルライフを取り入れた造形ともいえる、
持つ人のセンスの良さをさりげなく見せてくれるティーカップです。

傾けることで、自分好みの味や濃さで楽しむことができる新しいお茶の飲み方を提案したマギッソ社製ティーカップは、
白い、しなやかな女性の手のひらに柔らかく収まり、自分風のティータイムをお楽しみいただけます。
マギッソ社製ティーカップ
緑茶や紅茶などのお茶は、リラックス効果があり、仕事の疲れを和らげてくれます。
特に緑茶はビタミンCを豊富に含み、健康と美容に効果があることは、
多くの専門家が認めています。

リビングやオフィスで、自分好みのティーライフを、
マギッソ社製ティーカップでお楽しみください。
マギッソ社製ティーカップ
お求めは、パソコンならこちらから、
スマフォの方はこちらからどうぞ。

おしゃれで、曲線が美しいマギッソ社製ティーカップ

マギッソ社製ティーカップ
曲線が美しいマギッソ社製ティーカップ
北欧フィンランドのマギッソ社製ティーカップは、
シンプルな曲線が美しい、おしゃれなフォルムで、
和風モダン調ともいえるし、北欧的シンプルライフを取り入れた造形ともいえる、
持つ人のセンスの良さをさりげなく見せてくれるティーカップです。

傾けることで、自分好みの味や濃さで楽しむことができる新しいお茶の飲み方を提案したマギッソ社製ティーカップは、
白い、しなやかな女性の手のひらに柔らかく収まり、自分風のティータイムをお楽しみいただけます。
マギッソ社製ティーカップ
緑茶や紅茶などのお茶は、リラックス効果があり、仕事の疲れを和らげてくれます。
特に緑茶はビタミンCを豊富に含み、健康と美容に効果があることは、
多くの専門家が認めています。

リビングやオフィスで、自分好みのティーライフを、
マギッソ社製ティーカップでお楽しみください。
マギッソ社製ティーカップ
お求めは、パソコンならこちらから、
スマフォの方はこちらからどうぞ。

鉄なべ初心者にお勧め、新潟県燕市の新素材「ナノエンボス」

金属加工の町、新潟県燕市

燕市で作られる金属加工製品は、世界中で愛用されています。
使いやすさや切れ味で人気の包丁、ハサミなどの刃物類。
世界の一流ホテルやレストランで、美しく輝いているカトラリー。
磨きの技術を競い高めあう「磨きやシンジケート」集団。

そこから、新しい技術による新製品が生まれています。
「ナノエンボス」加工。
材料の鉄に目に見えないほどの小さな凸凹をつけた特殊加工で、
この新素材「ナノエンボス」でできた鉄のフライパンや鍋は、
油のなじみがよくて、焦げ付きにくく、高い耐久性があり、
長持ちします。

鉄なべですから鉄分を補給し、貧血予防に役立ちます。

鉄なべ初心者にお勧めの製品です。

「PC:鉄なべ・鉄製フライパン通販
「SP:鉄なべ・鉄製フライパン通販
で各種取り揃えております。

新素材「ナノエンボス」の鉄なべ
高温調理でおいしさを演出
新素材「ナノエンボス」
鉄製オーバルフライパン
新素材「ナノエンボス」
新素材「ナノエンボス」
新素材「ナノエンボス」
新素材「ナノエンボス」

鉄なべは、厄介なことにサビます。でも、簡単に落とせます

なべや鉄製のフライパンでもう一つ厄介なのが、サビです。
使わずにいたり、水をちゃんと拭かずにおいたりすると、
サビが出てしまいます。

サビ落としは大変かというと、そんなことはありません。
軽く濡らし、金タワシかスチールウールのタワシでこすってやれば、すぐに落ちます。

こすっていると、地金が出てきて、色が変わることがありますが、
問題はありません。
表面に油を焼き付ければOKです。

まず、油を多めに引いて、木綿の布で伸ばします。
強火にかけ、煙が出てきたら、鍋を回しながら全体に油を広げ、
油がなくなったら終了です。

これを2回行えば、あとはそのまま使えると、
NHKの「あさイチ」で鉄なべのプロが言ってました。


鉄のフライパンで料理をしていると、たまに醤油や焼き肉のタレが焦げ付き、
こげの塊が、金タワシでこすったくらいでは落ちないことがあります。

そういう経験をしたことがある人がいるかどうか。
この頑固な焦げ付き、削り取るしかありません。

平らな部分なら、カッターの刃か、マイナスドライバーで落とせます。

面倒なのは、縁のRの部分です。

Rのこびりつきをおとすには、パレットナイフがおすすめです。
柔軟性のある金属製のもので、100均でも、工具売り場にあるかもしれません。
クリーム状のものを扱うのに便利で、ケーキ造りにも利用できると思います。

弾力性があるので力も入れやすいし、先が丸いのでRの部分にもフィットして、
焦げ付きがよく落ちます。

てつ鍋の焦げ落とし
パレットナイフ

―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―

*legs of snake(蛇足)

「なべ」という言葉は何からきているか、つまり語源は何か。
答えは、「な」+「へ」です。

「な」は酒やご飯に添えて食べるものの称。
「へ」は、水や食べ物を入れるもの。
この2つがくっついて、「なへ」→「なべ」になりました。

お酒の友「肴」は、この「な」に「さか(酒)」がついてできた言葉だそうです。
日本人は、昔から酒のおつまみに魚を食べていて、
魚だけでなく、お酒に添える食べ物一般をさして「酒のさかな」に「肴」という字を当てたのかと、
勝手に思っていたのですが、違いました。

新品の鉄なべを使用する前にすること

鉄なべの面倒くささの始まりが、新品の#鉄なべです。
使い始める前に、油を塗って空焚きをしなければなりません。
これは、鉄の表面に油を焼きつかせるためです。

鉄なべに油を馴染ませることは、使いやすく、お手入れを楽にするためには、必要なことです。
毎日鉄なべを使い続ければ、それだけで鉄分の補給ができるのです。
初めのこれくらいの手間をけちってはいけませんです。

NHKの「あさイチ」に登場した鉄なべのプロによれば、
使用前の空焚きは、2回行います。
そして仕上げにクズ野菜を炒めます。
クズ野菜を炒めることで、鉄臭さがだいぶ取れるのだそうです。

ただ、商品によっては、油を塗ってあるものもあるので、説明書はよく読みましょう。

ここで注意しなければならないのは、IH(鉄なべは使えます。)や、カス台では、
センサーがついているので、途中で火力が落ちてしまうことです。
火力が弱いと十分に油を焼き付けることができないので、家庭用カセットコンロを用意する必要があります。

持っていないときは、買いましょう。
ないものをこのためだけに買うというのは、無駄な出費だと思わないで、
鉄なべによる鉄分補給という健康維持のための必要経費と考えましょう。
それにカセットコンロは、災害時、ガスや電気が使えなくなったときに、
大いに役立ってくれるはずですから、備えておいて損はありません。

それでも買うのはいやだという人は、空焚き不要の鉄なべがありますから、それをお求めください。

―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―

空焚き不要の鉄なべや、ほかの鉄なべをお求めになりたい方は、
鉄なべ・鉄製フライパン通販(pc)」「鉄なべ・鉄製フライパン通販(sp)」でどうぞ。

鉄なべって、手入れがメンドそうじゃ~ン、と嘆いている人に

鉄なべはなぜか敬遠され勝ちだったのですが、その理由の一つに、
手入れが大変、というのがあります。

手入れの簡単な何とかコーティングの鍋やフライパンでは、
健康に欠かせない鉄分の補給は全く期待できません。

ちょっと面倒と、体に必要な鉄分の補給と、どちらを優先させるべきは明白です。

そこで、
NHKの「あさイチ」では、鉄なべのプロ、こびりつかない卵の料理方法を教えてくれた人が、お手入れの仕方も伝授してくれています。

まず、使い終わったら、すぐにお湯で洗うこと、洗剤はいりません。
すぐにというのは、ほんとにすぐに、つまり食べる前です。
時間がたつほど、汚れがこびりついてしまうのだそうです。
また、洗剤を使わないのは、油分が落ちてしまうと、こびりつきの原因になるからだそうです。

そして水分をふき取る。これはサビ防止。

おいしく食事をいただいたら、しまう前に鉄なべに油で被膜を作ります。
油がしみて、馴染んで使いやすくなるからです。

木綿の布に食用油小さじ1杯くらいをしみ込ませて拭く、
さっと拭くだけでOKです。
できれば裏も拭いたほうがいいそうです。
この時、加熱は不要です。

これって面倒だ、と思う人がいるかもしれませんが、
美と健康を維持するには、多少の手間はやむをえません。

ダイエットや美容ストレッチにせっせと励んでいるくせに、
この程度がダル~ゥなんていっている人は、考えを改める必要があります。
ダイエットや美容ストレッチよりも、まず鉄分補給、
健康な体にこそ、美は宿るからです。

などと、偉そうなことを言える立場にはないのですが、
ある程度使いこんで、毎日使っていると、
油が馴染んできて、そんなに手間はかかりません。

アル中ル氏の持っている鉄のフライパンは、使い終わったと油なんか引いていませんが、
サビが出たりはしていません。

優れている割には、あまり人気のない鉄製調理器具

鉄製調理器具(鉄なべや鉄製フライパン)の特徴として、

◎熱電動がいいので、本格的な高温調理ができ、食材のおいしさを逃がさない。
◎使い込むほど油なじみが良くなる。
◎不足しがちな鉄分を料理をするだけで補給できる。

でも、鉄製調理器具は人気がありません。

鉄製調理器具が敬遠されがちな理由は、

▲こびりつきやすい。
▲お手入れが面倒。
▲サビやすい。
▲重くて扱いが大変。

が挙げられると思います。
でも、こんな理由で鉄分補給に有効な鉄なべを使わないのは、もったいない。

そこで、
NHKの「あさイチ」が教えてくれた、鉄なべでもこびりつかないオムレツの 作り方。

まず、フライパンを十分に予熱します。
油は、火をつける前に、フライパンの周りの縁に円を描くように流します。
このほうが、均等に油が引けるのだそうです。

熱していると、煙がふわーっと出てきます。
出てきたら、フライパンをゆっくりまわして、全体に熱を加えます。
真ん中あたりがちょっと火が弱いので、均等に熱するためだそうです。

鉄のフライパンは、温度のムラができやすいので、十分に温める必要があります。

卵を入れると温度が下がります。
そのため、温度が上がるまで、少し待ちます。
オムレツなら10秒くらい。

それから卵をかき混ぜて仕上げます。

鉄のフライパンは重いから嫌という方、別に持ち上げる必要はありません。
置いたままかき混ぜればいいのです。
何せ鉄ですから、少々乱暴にかき混ぜても大丈夫です。

野菜と卵、肉と卵と、違う素材を炒めるときは、それぞれ別々に炒めて、
できたものを混ぜ合わせます。