あってよかったキッチン用品お役立ち情報

うまいものを、楽に愉しく簡単に! 便利なキッチン用品やツール、話題の商品などを紹介します。

カトラリー

贈られて喜ぶチタン製二重タンブラー

ギフトにお勧め、間違いなく贈られた人のお気に入りになるチタン製二重タンブラー。チタンとはどんなものか、辞書的に説明すると、 チタンが空気に触れると、表面が強力な酸化物で覆われ、安定した性質になり、 白金や金などの貴金属並みの耐食性を持つ様に…

燕市のカトラリーが人気なのは、優れた研磨の技術があればこそ

燕市のカトラリーが世界に認められているのは、その繊細で美しいフォルムの美もあるのですが、もう一つ、使いやすさと口当たりの柔らかさがあります。 口に入れたとき、がさついていてはだめなのです。使う人のことを考えてつくる、いわばおもてなしの心を形…

いいスプーンの作り方講座

NHK「美の壺」より、いいステンレススプーンの作り方を紹介します。 まず、ステンレスの板を用意します。 次に、 1)地抜きといって、ステンレスの板をおおまかなスプーンの形に切る抜きます。2)ローラー;切り抜いた板の先をローラーで薄く延ばします。…

日本で初めてステンレスのカトラリーを作った新潟県燕市、繊細な模様と複雑な形が特徴ですが、世界が認める機能性の高さやなめらか口当たりを生み出すために、ミクロの超絶技巧が使われています。 スプーンの作り方を、NHKの「イッピン」という番組から見る…

燕市のカトラリーが世界の人に愛されるわけ

日本製の包丁は世界中のシェフや主婦の方から愛されています。 それは日本刀の技術が活きる丹念で手を抜かない作りが、 ほかの国の製品にはない切れ味を生み出しているからです。 ドイツの有名なブランド刃物メーカーも、自国では技術が失われてしまい、 日…

日本のカトラリーの歴史を作ってきた燕市ですが、1868年に創業した小林工業というところが、日本で最初にカトラリーの生産を開始しました。 製造の依頼を受けた小林工業は、戦後、当時まだ一般的ではなかったステンレス鋼にいち早く着目。数々の技術上の課題…

世界の一流ホテルやレストランが愛用する日本のカトラリー

世界が認める日本の工芸品はたくさんありますが、 キッチン関係でいうとなんといっても包丁です。 和包丁は世界に羽ばたく! 切れ味が世界を魅了した。 日本刀の技術が活きる包丁は、世界中のシェフから愛されています。 そして同じ金属加工の技術が活きるカ…