ShopM-netのキッチン用品お役立ち情報

キッチン用品の便利な使い方、新商品、話題の商品などの情報を紹介します。

土鍋で炊いたらご飯がうまい、さらにおいしくいただくには? その2

5つ星お米マイスターによると、おいしいご飯をいただく秘訣は、
お米を一度にたくさん買わないことだそうです。

お米は、精米してから2~3週間以内に食べるのがいいんだそうで…

そうはいっても、スーパーで売っているお米がいつ精米されたのかはわかりません。
いえ、どこかに精米日の記載があるのかもしれませんが、寡聞にして知りません。
スーパー行って見てくりゃいいんですが、めんどくさいので、パス。

どちらにせよ、流通に乗っているお米が、精米の仕立てということはないでしょうから、ややハードルの高い話です。

5つ星お米マイスターさんは、お米屋さんで買うことを薦めています。
お米屋さんなら、精米してすぐのものを買うことができるかもしれません。


多く買った時のお米の保存は、ペットボトルとか、チャックのついた密閉袋などに入れ、冷蔵庫の野菜室に入れておくといいそうです。
とにかく、空気に触れさせておくと酸化してしまいますが、お米ばかりでなく、食品を劣化させる最大の原因が酸化ですから、密閉袋に入れて保存するときも、余分な空気は抜いておくに限ります。

炊きあがったご飯を冷凍保存するときは、
温かいうちに薄く平らに伸ばし、ラップに包んだ後、アルミホイルにくるんで冷凍するそうです。
冷めたご飯では、おいしさが維持できないそうです。

アルミでくるんで冷凍するのは、アルミの熱伝導の良さを利用したもので、急速冷凍ができます。
ご飯ばかりでなく、作りすぎちゃった料理なども、急速冷凍しておくと、おいしさも一緒に保存できます。

最近の冷蔵庫では、急速冷凍用に、金属のトレーみたいなものが冷凍室に備え付けられているのもあるくらいです。

***************************************

購入者の多くがリピーターとなる自慢のお米。

コウノトリ舞い降りる里のコシヒカリ 『六方銀米』。

日本で絶滅したコウノトリを野生復帰させようと自然を取り戻すことに取り組んだ兵庫県豊岡市
なかのたには最初の放鳥拠点でもあり、いまでは、毎日のように田んぼコウノトリが何羽もえさとりをしていて、なかのたにの田んぼは豊岡市コウノトリ舞い降りる田んぼに認定され、コウノトリといっしょに暮らせる安全安心な環境が実現しています。 
無農薬までこだわらないけど、作った人が見える安心のお米です。

f:id:shopmnet:20170908230321j:plain

f:id:shopmnet:20170908230336j:plain

f:id:shopmnet:20170908230350j:plain

 

『六方銀米』は、人を幸せにするうまい物を日本中から集めた「うまいもの通販市場」でお求めになれます。